ジョーカー

多分夏だった
浅い呼吸の途中
垂直に見せられた
夢を覗いてた

重ねたトランプを
ばらまいた後の
溢れ出すグラス
傾いたベッドに

沈み込んでいく
まるで海の中さ

大事そうに掴み取った女神は
すぐに消えていった
手の中に残ったジョーカー

薄れていく記憶
掻き分けた先に
淀んでいる空気
肺に溜め込んで

吐き捨てていく
まるで悪魔のようさ

大事そうに掴み取った女神は
すぐに消えていった
手の中に残ったジョーカー

溺れていく
まるで海の中さ

大事そうに掴み取った女神は
すぐに消えていった
手の中に残ったジョーカー
微笑みかけてくる
嫌われものの
53番目のジョーカー

Lyric&Music:堀田聖也
Arrange:The Cyanotype